So-net無料ブログ作成

第59期王位戦七番勝負 第7局 豊島棋聖が王位奪取 [王位戦]

第59期王位戦七番勝負 第7局

9月26、27日 (水、木)
都市センターホテルにて
東京都千代田区平河町2-4-1

先手 豊島将之棋聖 
後手 菅井竜也王位

第59期王位戦七番勝負 第7局豊島棋聖が王位奪取
127手 6三金まで
第59期王位戦-第7局豊島棋聖.jpg

第6局に続き、穴熊退治に成功し
ついに豊島棋聖が勝ちました。王位奪取しました。
これで棋聖位、王位の2冠です。

現棋界、ただ一人のタイトルを2つもつ棋士の誕生です。

おめでとうございます。

菅井王位は、第6局で痛い逆転負けを喫しました。
あれが痛かったですね。

菅井王位は、残念ながら1期でタイトルをなくしました。
残念でしたが、捲土重来を期待します。

お二人ともお疲れさまでした。


第59期王位戦七番勝負 第7局2日目昼食
85手 7五銀まで
第59期王位戦-第7局2日目昼食.jpg

豊島棋聖の強気の攻めで一気に激しい展開になりました。


ですが上記の局面に至る前、下図のように
先手は銀冠穴熊でしたが、8一の桂馬が6五歩を守るために
7七に飛びました。その時から先手玉の右脇腹が開いています。
ちょっと気持ち悪い展開でした。

第59期王位戦-第7局2日目午前.jpg

しかし、この手は3七角と打った時からの
豊島棋聖の読み、構想にあったように思います。
飛車さえ後手に渡さなければ別に怖くはないという読みですね。

さあ、ここら辺から、一手で一気に敗勢に傾きかねませんから
両者ともしっかり考えていくでしょうね。
菅井王位は昼食もそこそこに盤の前に座っているかもしれません。

菅井王位が「とんかつ定食、バニラアイス」(昨日と同じ)
豊島棋聖が「ビーフカレー、サラダ」
第7局2日目昼食.jpg

Copyrights(c) 2013 Japan Shogi Association,
ブログ記事より引用。



第59期王位戦七番勝負 第7局封じ手開封
64手 6六歩まで
第59期王位戦-第7局封じ手開.jpg

プロの方の予想にあった手ですね。
もう一つの手は、7三角。

6六歩は一番無難な手だったのでしょう。

しかし、この手の後、豊島棋聖は間髪入れずに
3七角でした。

この角のラインは重要なのでしょう、
後手が7三角と来る前に先着しました。

さあ、二日目が始まりました、菅井王位のタイトル防衛か、
はたまた豊島棋聖の2冠達成か。

今夕には決着がついているでしょう。

第59期王位戦七番勝負 第7局封じ手
63手 6六歩まで
第59期王位戦-第7局封じ手.jpg

途中菅井王位が、6三の銀を5四に出しては、元に戻していました。
手詰まり模様で千日手狙いのように見受けられました。

ということは研究の範囲から逸脱していたのでしょう。
菅井王位危なし。

封じ手の局面を見ると、穴熊ではあるけれど後手玉は、
金と銀だけの穴熊。対する先手玉は金銀3枚の穴熊。

いかにも後手玉は薄いですね。
同じく攻め合えば、先手玉の方が一足早いような気がします。

第6局は菅井王位の逆転負けでしたが、今シリーズは、優勢な方が
そのまま押し切っているような感じです。

ここ最近のタイトル戦を見ていると封じ手の局面で
ほぼ優劣が決まりかけているような気がします。

この封じ手は菅井王位大事ですね。
封じ手の時刻を過ぎても、考え続けていましたから。

タイトル防衛か、失冠かの瀬戸際です。

明日は午前9時から開始です。


第59期王位戦七番勝負 第7局1日目昼食
51手 8六歩まで
第59期王位戦-第7局1日目昼食.jpg

振り駒で先手が豊島棋聖に決まりました。

前局に続いて、お互いに穴熊に潜り込みました。
穴熊にするかどうかは後手の菅井王位の誘導でしたね。

前局で穴熊を丸裸にされたリベンジとばかりに
菅井王位が意地の穴熊の選択でした。

ただ同じ穴熊の陣形としてみてみると、
後手は駒の展開があまり望めそうにありません。

それに比べて先手玉は、指したい手が、指せる手が
たくさんあります。

これが後手の穴熊が減ってきた一因かもしれませんね。
同じ穴熊でも、駒の展開、発展性で振り飛車の方が劣りますね。

本局は後手は穴熊なのに7筋も、6筋も歩を突き出している。
後手の方が駒を撃ち込まれるマス目が多いですね。

つまりと金を作られやすいですね。
それに比べて先手はスキが無いですね。

菅井王位の研究の範疇でしょうから
どうなりますことやら・・・。

菅井王位が勝てば防衛、
豊島棋聖が勝てばタイトル奪還で2冠になります。

決着は明日の夕刻ごろにつくでしょう。
楽しみですね。

昼食は
菅井王位が「とんかつ定食、バニラアイス」、
豊島棋聖が「チキンのポワレ・ケッカソース、グレープフルーツジュース」
第7局1日目昼食.jpg

Copyrights(c) 2013 Japan Shogi Association,
ブログ記事より引用。

第59期王位戦七番勝負 第6局

第6局は9月10、11日(月、火)
元湯 陣屋 神奈川県秦野市鶴巻北2-8-24

先手 豊島将之棋聖 
後手 菅井竜也王位

第59期王位戦七番勝負 第6局豊島棋聖の勝ち
165手 4五角まで
第59期王位戦-第6局豊島棋聖.jpg

いやぁ押したり引いたり長い将棋でした。
途中菅井王位に形勢は傾いていたようでした。

しかし、豊島棋聖が粘って攻め続けていました。

その時、菅井王位が千日手を選ぶ手もあったようですが
果敢に千日手の打開を目指して受け始めました。

それがアダになったようです。豊島棋聖が大技や離れ業の連発で
菅井王位の金銀3枚の穴熊を見事に崩して、攻め倒しました。

菅井王位にとっては数日は眠れない夜が続くでしょう。

豊島棋聖にとっては王位のタイトル奪取のチャンスは残されました。

いやぁ、将棋の面白さ、醍醐味がずいぶん出た対局でした。
十分堪能させていただきました。

お二人ともお疲れさまでした。

最終局は9月26、27日 (水、木)
都市センターホテルにて
東京都千代田区平河町2-4-1

第59期王位戦七番勝負 第5局

第5局は8月29、30日(水、木) 渭水苑にて
徳島県徳島市沖浜東1-54

先手 菅井竜也王位 
後手 豊島将之棋聖

第59期王位戦七番勝負 第5局菅井の勝ち
133手 2六銀まで
第59期王位戦-第5局菅井の勝.jpg

果敢に攻めた豊島棋聖でしたが、最後は力尽きて投了です。

後手は飛車が働かなかったですね。最後の最後は飛車を転回しましたが
時すでに遅しで、敗色濃厚になってからでした。

封じ手の2五歩の時点で、豊島棋聖の作戦負けだったような気がします。
攻めてはいましたが、馬ができたくらいで思わしい攻めがありませんでした。

プロの将棋はやはりすごいですね。
戦いが始まる時点で流れが決まっていましたね。
見えない部分の、盤面に現れない部分で勝負が決まるのでしょう。

しかし、まだ豊島棋聖があと1勝すれば最終局までもつれ込む
チャンスがあります。できれば最後までみたいですね。

お二人ともお疲れさまでした。



第59期王位戦七番勝負 第4局

8月22、23日(水、木)

ホテル日航福岡
福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目18番25号

先手 豊島将之棋聖 
後手 菅井竜也王位

第59期王位戦七番勝負 第4局豊島棋聖の勝ち
119手 8四金まで
第59期王位戦-第4局豊島棋聖.jpg

豊島棋聖の勝ちです。AbemaTVで見ていましたが
他のプロの方の予想手をことごとく外していました。

今、豊島棋聖は将棋レイティングNo1ですから、
棋聖の指し方が正しいのでしょう。

これで2勝2敗。長く楽しめます。

お二人ともお疲れさまでした。

第5局は8月29、30日(水、木) 渭水苑にて
徳島県徳島市沖浜東1-54


第59期王位戦七番勝負 第3局

8月1、2日(水、木)

ホテルエミシア札幌
北海道札幌市厚別区厚別中央2条5丁目5-25

先手 菅井竜也王位 
後手 豊島将之棋聖

第59期王位戦七番勝負 第3局菅井王位の勝ち
157手 5六銀まで
第59期王位戦-第3局菅井王位.jpg
いやぁ、面白い将棋でしたね。

お互いに攻めたり、受けたり、将棋を十分堪能させていただきました。

ありがとうございました。

お二人ともお疲れさまでした。

Copyrights(c) 2013 Japan Shogi Association,
ブログ記事より引用。

第59期王位戦七番勝負 第2局

7月24、25日 (火、水)
中の坊瑞苑
兵庫県神戸市北区有馬町808にて。

先手 豊島将之棋聖 
後手 菅井竜也王位


第59期王位戦七番勝負 第2局豊島棋聖の勝ち
105手 7一銀まで
第59期王位戦-第2局豊島棋聖.jpg

鮮やかに決めました。豊島棋聖。
やはり穴熊は堅かったですね。

投了図以降は、同竜と銀を取れば8三香と打って、同玉なら
先手は竜をとれます。

とらずに8三玉と逃げれば、6二銀成りで金がタダでとれ、
しかも竜に当たります。もう指しようがないですね。

封じ手以降、菅井王位にはいい手が全然なかったようです。
ということは作戦負けだったようです。

プロレベルでは、もう封じ手以前に勝負はついていたのでしょうか?
やはりトップ棋士はすごいです。

しかしこれで1勝1敗。長く対局を見れますね。

お二人ともお疲れさまでした。


第59期王位戦七番勝負 第1局

7月4、5日(水、木)
ホテルフォレスタ
愛知県豊田市岩倉町一本松1番地1

先手 菅井竜也王位 
後手 豊島将之八段

第59期王位戦七番勝負 第1局 菅井王位の勝ち
133手 3二金まで
第59期王位戦-第1局菅井王位.jpg

面白い将棋でした。ずっと豊島八段が悪かったようですが
菅井王位に決め手を与えず、ここまでも持ちこたえました。

ただ一歩及ばなかったようです。

七番勝負は始まったばかり、豊島八段にも頑張ってほしいですね。

お二人ともお疲れ様でした。

第2局は7月24、25日 (火、水)
中の坊瑞苑
兵庫県神戸市北区有馬町808にて。

豊島八段のほかのタイトル戦との兼ね合いでしょうけど、
時間が空きますね。


第58期王位戦七番勝負第5局
第5局は8月29日(火)30日(水)
徳島県徳島市「渭水苑」


先手 羽生善治王位 
後手 菅井竜也七段

第5局 菅井七段の勝ち 王位奪取
108手 5七歩成まで
第58期王位戦 第5局 菅井七段 王位奪取.jpg

4勝1敗で、菅井七段が王位を奪取しました。

初挑戦でタイトル奪取。
おめでとうございます。

今まで若手の挑戦を退けてきました羽生さん、
今期は残念でした。今期不調だったようですね。

これで羽生さんはタイトルを一つ失冠して、
明日以降羽生二冠と呼ばれるのでしょう。

しかし羽生さんはこれまでもタイトルは奪取されても、
毎年、毎年不死鳥のように蘇ってきていますから。

たとえ二冠でも現時点では
棋界最強は間違いないと思います。

絶対王者であることは誰もが認めることですから。

また別の棋戦での戦いを期待します。

今期羽生さんが角交換の振り飛車に苦しめられたという事で、
今後角交換振り飛車の力戦系が脚光浴びるかもしれませんね。

お二人ともお疲れさまでした。


第57期王位戦七番勝負第7局 

9月26、27日(月、火)
先手 羽生善治王位 
後手 木村一基八段

対局場 元湯 陣屋
羽生王位の勝ち
羽生王位 93手 5六銀打まで
第57期王位戦 第7局  羽生王位の勝ち.jpg

5月の名人戦以来、絶不調のただなかから
棋聖戦、そして王位戦とタイトル防衛。

あと王座戦もあと1勝でタイトル防衛。
本来の羽生さんになっていると思います。


木村八段、今回は残念でしたが、捲土重来を期します。

お二人ともお疲れさまでした。


nice!(0)  コメント(0) 

第59期王位戦七番勝負 第7局2日目昼食 [王位戦]

第59期王位戦七番勝負 第7局

9月26、27日 (水、木)
都市センターホテルにて
東京都千代田区平河町2-4-1

先手 豊島将之棋聖 
後手 菅井竜也王位

第59期王位戦七番勝負 第7局2日目昼食
85手 7五銀まで
第59期王位戦-第7局2日目昼食.jpg

豊島棋聖の強気の攻めで一気に激しい展開になりました。


ですが上記の局面に至る前、下図のように
先手は銀冠穴熊でしたが、8一の桂馬が6五歩を守るために
7七に飛びました。その時から先手玉の右脇腹が開いています。
ちょっと気持ち悪い展開でした。

第59期王位戦-第7局2日目午前.jpg

しかし、この手は3七角と打った時からの
豊島棋聖の読み、構想にあったように思います。
飛車さえ後手に渡さなければ別に怖くはないという読みですね。

さあ、ここら辺から、一手で一気に敗勢に傾きかねませんから
両者ともしっかり考えていくでしょうね。
菅井王位は昼食もそこそこに盤の前に座っているかもしれません。

菅井王位が「とんかつ定食、バニラアイス」(昨日と同じ)
豊島棋聖が「ビーフカレー、サラダ」
第7局2日目昼食.jpg

Copyrights(c) 2013 Japan Shogi Association,
ブログ記事より引用。

第59期王位戦七番勝負 第7局封じ手開封
64手 6六歩まで
第59期王位戦-第7局封じ手開.jpg

プロの方の予想にあった手ですね。
もう一つの手は、7三角。

6六歩は一番無難な手だったのでしょう。

しかし、この手の後、豊島棋聖は間髪入れずに
3七角でした。

この角のラインは重要なのでしょう、
後手が7三角と来る前に先着しました。

さあ、二日目が始まりました、菅井王位のタイトル防衛か、
はたまた豊島棋聖の2冠達成か。

今夕には決着がついているでしょう。

第59期王位戦七番勝負 第7局封じ手
63手 6六歩まで
第59期王位戦-第7局封じ手.jpg

途中菅井王位が、6三の銀を5四に出しては、元に戻していました。
手詰まり模様で千日手狙いのように見受けられました。

ということは研究の範囲から逸脱していたのでしょう。
菅井王位危なし。

封じ手の局面を見ると、穴熊ではあるけれど後手玉は、
金と銀だけの穴熊。対する先手玉は金銀3枚の穴熊。

いかにも後手玉は薄いですね。
同じく攻め合えば、先手玉の方が一足早いような気がします。

第6局は菅井王位の逆転負けでしたが、今シリーズは、優勢な方が
そのまま押し切っているような感じです。

ここ最近のタイトル戦を見ていると封じ手の局面で
ほぼ優劣が決まりかけているような気がします。

この封じ手は菅井王位大事ですね。
封じ手の時刻を過ぎても、考え続けていましたから。

タイトル防衛か、失冠かの瀬戸際です。

明日は午前9時から開始です。


第59期王位戦七番勝負 第7局1日目昼食
51手 8六歩まで
第59期王位戦-第7局1日目昼食.jpg

振り駒で先手が豊島棋聖に決まりました。

前局に続いて、お互いに穴熊に潜り込みました。
穴熊にするかどうかは後手の菅井王位の誘導でしたね。

前局で穴熊を丸裸にされたリベンジとばかりに
菅井王位が意地の穴熊の選択でした。

ただ同じ穴熊の陣形としてみてみると、
後手は駒の展開があまり望めそうにありません。

それに比べて先手玉は、指したい手が、指せる手が
たくさんあります。

これが後手の穴熊が減ってきた一因かもしれませんね。
同じ穴熊でも、駒の展開、発展性で振り飛車の方が劣りますね。

本局は後手は穴熊なのに7筋も、6筋も歩を突き出している。
後手の方が駒を撃ち込まれるマス目が多いですね。

つまりと金を作られやすいですね。
それに比べて先手はスキが無いですね。

菅井王位の研究の範疇でしょうから
どうなりますことやら・・・。

菅井王位が勝てば防衛、
豊島棋聖が勝てばタイトル奪還で2冠になります。

決着は明日の夕刻ごろにつくでしょう。
楽しみですね。

昼食は
菅井王位が「とんかつ定食、バニラアイス」、
豊島棋聖が「チキンのポワレ・ケッカソース、グレープフルーツジュース」
第7局1日目昼食.jpg

Copyrights(c) 2013 Japan Shogi Association,
ブログ記事より引用。

第59期王位戦七番勝負 第6局

第6局は9月10、11日(月、火)
元湯 陣屋 神奈川県秦野市鶴巻北2-8-24

先手 豊島将之棋聖 
後手 菅井竜也王位

第59期王位戦七番勝負 第6局豊島棋聖の勝ち
165手 4五角まで
第59期王位戦-第6局豊島棋聖.jpg

いやぁ押したり引いたり長い将棋でした。
途中菅井王位に形勢は傾いていたようでした。

しかし、豊島棋聖が粘って攻め続けていました。

その時、菅井王位が千日手を選ぶ手もあったようですが
果敢に千日手の打開を目指して受け始めました。

それがアダになったようです。豊島棋聖が大技や離れ業の連発で
菅井王位の金銀3枚の穴熊を見事に崩して、攻め倒しました。

菅井王位にとっては数日は眠れない夜が続くでしょう。

豊島棋聖にとっては王位のタイトル奪取のチャンスは残されました。

いやぁ、将棋の面白さ、醍醐味がずいぶん出た対局でした。
十分堪能させていただきました。

お二人ともお疲れさまでした。

最終局は9月26、27日 (水、木)
都市センターホテルにて
東京都千代田区平河町2-4-1

第59期王位戦七番勝負 第5局

第5局は8月29、30日(水、木) 渭水苑にて
徳島県徳島市沖浜東1-54

先手 菅井竜也王位 
後手 豊島将之棋聖

第59期王位戦七番勝負 第5局菅井の勝ち
133手 2六銀まで
第59期王位戦-第5局菅井の勝.jpg

果敢に攻めた豊島棋聖でしたが、最後は力尽きて投了です。

後手は飛車が働かなかったですね。最後の最後は飛車を転回しましたが
時すでに遅しで、敗色濃厚になってからでした。

封じ手の2五歩の時点で、豊島棋聖の作戦負けだったような気がします。
攻めてはいましたが、馬ができたくらいで思わしい攻めがありませんでした。

プロの将棋はやはりすごいですね。
戦いが始まる時点で流れが決まっていましたね。
見えない部分の、盤面に現れない部分で勝負が決まるのでしょう。

しかし、まだ豊島棋聖があと1勝すれば最終局までもつれ込む
チャンスがあります。できれば最後までみたいですね。

お二人ともお疲れさまでした。



第59期王位戦七番勝負 第4局

8月22、23日(水、木)

ホテル日航福岡
福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目18番25号

先手 豊島将之棋聖 
後手 菅井竜也王位

第59期王位戦七番勝負 第4局豊島棋聖の勝ち
119手 8四金まで
第59期王位戦-第4局豊島棋聖.jpg

豊島棋聖の勝ちです。AbemaTVで見ていましたが
他のプロの方の予想手をことごとく外していました。

今、豊島棋聖は将棋レイティングNo1ですから、
棋聖の指し方が正しいのでしょう。

これで2勝2敗。長く楽しめます。

お二人ともお疲れさまでした。

第5局は8月29、30日(水、木) 渭水苑にて
徳島県徳島市沖浜東1-54


第59期王位戦七番勝負 第3局

8月1、2日(水、木)

ホテルエミシア札幌
北海道札幌市厚別区厚別中央2条5丁目5-25

先手 菅井竜也王位 
後手 豊島将之棋聖

第59期王位戦七番勝負 第3局菅井王位の勝ち
157手 5六銀まで
第59期王位戦-第3局菅井王位.jpg
いやぁ、面白い将棋でしたね。

お互いに攻めたり、受けたり、将棋を十分堪能させていただきました。

ありがとうございました。

お二人ともお疲れさまでした。

Copyrights(c) 2013 Japan Shogi Association,
ブログ記事より引用。

第59期王位戦七番勝負 第2局

7月24、25日 (火、水)
中の坊瑞苑
兵庫県神戸市北区有馬町808にて。

先手 豊島将之棋聖 
後手 菅井竜也王位


第59期王位戦七番勝負 第2局豊島棋聖の勝ち
105手 7一銀まで
第59期王位戦-第2局豊島棋聖.jpg

鮮やかに決めました。豊島棋聖。
やはり穴熊は堅かったですね。

投了図以降は、同竜と銀を取れば8三香と打って、同玉なら
先手は竜をとれます。

とらずに8三玉と逃げれば、6二銀成りで金がタダでとれ、
しかも竜に当たります。もう指しようがないですね。

封じ手以降、菅井王位にはいい手が全然なかったようです。
ということは作戦負けだったようです。

プロレベルでは、もう封じ手以前に勝負はついていたのでしょうか?
やはりトップ棋士はすごいです。

しかしこれで1勝1敗。長く対局を見れますね。

お二人ともお疲れさまでした。


第59期王位戦七番勝負 第1局

7月4、5日(水、木)
ホテルフォレスタ
愛知県豊田市岩倉町一本松1番地1

先手 菅井竜也王位 
後手 豊島将之八段

第59期王位戦七番勝負 第1局 菅井王位の勝ち
133手 3二金まで
第59期王位戦-第1局菅井王位.jpg

面白い将棋でした。ずっと豊島八段が悪かったようですが
菅井王位に決め手を与えず、ここまでも持ちこたえました。

ただ一歩及ばなかったようです。

七番勝負は始まったばかり、豊島八段にも頑張ってほしいですね。

お二人ともお疲れ様でした。

第2局は7月24、25日 (火、水)
中の坊瑞苑
兵庫県神戸市北区有馬町808にて。

豊島八段のほかのタイトル戦との兼ね合いでしょうけど、
時間が空きますね。


第58期王位戦七番勝負第5局
第5局は8月29日(火)30日(水)
徳島県徳島市「渭水苑」


先手 羽生善治王位 
後手 菅井竜也七段

第5局 菅井七段の勝ち 王位奪取
108手 5七歩成まで
第58期王位戦 第5局 菅井七段 王位奪取.jpg

4勝1敗で、菅井七段が王位を奪取しました。

初挑戦でタイトル奪取。
おめでとうございます。

今まで若手の挑戦を退けてきました羽生さん、
今期は残念でした。今期不調だったようですね。

これで羽生さんはタイトルを一つ失冠して、
明日以降羽生二冠と呼ばれるのでしょう。

しかし羽生さんはこれまでもタイトルは奪取されても、
毎年、毎年不死鳥のように蘇ってきていますから。

たとえ二冠でも現時点では
棋界最強は間違いないと思います。

絶対王者であることは誰もが認めることですから。

また別の棋戦での戦いを期待します。

今期羽生さんが角交換の振り飛車に苦しめられたという事で、
今後角交換振り飛車の力戦系が脚光浴びるかもしれませんね。

お二人ともお疲れさまでした。


第57期王位戦七番勝負第7局 

9月26、27日(月、火)
先手 羽生善治王位 
後手 木村一基八段

対局場 元湯 陣屋
羽生王位の勝ち
羽生王位 93手 5六銀打まで
第57期王位戦 第7局  羽生王位の勝ち.jpg

5月の名人戦以来、絶不調のただなかから
棋聖戦、そして王位戦とタイトル防衛。

あと王座戦もあと1勝でタイトル防衛。
本来の羽生さんになっていると思います。


木村八段、今回は残念でしたが、捲土重来を期します。

お二人ともお疲れさまでした。


nice!(0)  コメント(0) 

第59期王位戦七番勝負 第7局封じ手開封 [王位戦]

第59期王位戦七番勝負 第7局

9月26、27日 (水、木)
都市センターホテルにて
東京都千代田区平河町2-4-1

先手 豊島将之棋聖 
後手 菅井竜也王位

第59期王位戦七番勝負 第7局封じ手開封
64手 6六歩まで
第59期王位戦-第7局封じ手開.jpg

プロの方の予想にあった手ですね。
もう一つの手は、7三角。

6六歩は一番無難な手だったのでしょう。

しかし、この手の後、豊島棋聖は間髪入れずに
3七角でした。

この角のラインは重要なのでしょう、
後手が7三角と来る前に先着しました。

さあ、二日目が始まりました、菅井王位のタイトル防衛か、
はたまた豊島棋聖の2冠達成か。

今夕には決着がついているでしょう。

第59期王位戦七番勝負 第7局封じ手
63手 6六歩まで
第59期王位戦-第7局封じ手.jpg

途中菅井王位が、6三の銀を5四に出しては、元に戻していました。
手詰まり模様で千日手狙いのように見受けられました。

ということは研究の範囲から逸脱していたのでしょう。
菅井王位危なし。

封じ手の局面を見ると、穴熊ではあるけれど後手玉は、
金と銀だけの穴熊。対する先手玉は金銀3枚の穴熊。

いかにも後手玉は薄いですね。
同じく攻め合えば、先手玉の方が一足早いような気がします。

第6局は菅井王位の逆転負けでしたが、今シリーズは、優勢な方が
そのまま押し切っているような感じです。

ここ最近のタイトル戦を見ていると封じ手の局面で
ほぼ優劣が決まりかけているような気がします。

この封じ手は菅井王位大事ですね。
封じ手の時刻を過ぎても、考え続けていましたから。

タイトル防衛か、失冠かの瀬戸際です。

明日は午前9時から開始です。


第59期王位戦七番勝負 第7局1日目昼食
51手 8六歩まで
第59期王位戦-第7局1日目昼食.jpg

振り駒で先手が豊島棋聖に決まりました。

前局に続いて、お互いに穴熊に潜り込みました。
穴熊にするかどうかは後手の菅井王位の誘導でしたね。

前局で穴熊を丸裸にされたリベンジとばかりに
菅井王位が意地の穴熊の選択でした。

ただ同じ穴熊の陣形としてみてみると、
後手は駒の展開があまり望めそうにありません。

それに比べて先手玉は、指したい手が、指せる手が
たくさんあります。

これが後手の穴熊が減ってきた一因かもしれませんね。
同じ穴熊でも、駒の展開、発展性で振り飛車の方が劣りますね。

本局は後手は穴熊なのに7筋も、6筋も歩を突き出している。
後手の方が駒を撃ち込まれるマス目が多いですね。

つまりと金を作られやすいですね。
それに比べて先手はスキが無いですね。

菅井王位の研究の範疇でしょうから
どうなりますことやら・・・。

菅井王位が勝てば防衛、
豊島棋聖が勝てばタイトル奪還で2冠になります。

決着は明日の夕刻ごろにつくでしょう。
楽しみですね。

昼食は
菅井王位が「とんかつ定食、バニラアイス」、
豊島棋聖が「チキンのポワレ・ケッカソース、グレープフルーツジュース」
第7局1日目昼食.jpg

Copyrights(c) 2013 Japan Shogi Association,
ブログ記事より引用。

第59期王位戦七番勝負 第6局

第6局は9月10、11日(月、火)
元湯 陣屋 神奈川県秦野市鶴巻北2-8-24

先手 豊島将之棋聖 
後手 菅井竜也王位

第59期王位戦七番勝負 第6局豊島棋聖の勝ち
165手 4五角まで
第59期王位戦-第6局豊島棋聖.jpg

いやぁ押したり引いたり長い将棋でした。
途中菅井王位に形勢は傾いていたようでした。

しかし、豊島棋聖が粘って攻め続けていました。

その時、菅井王位が千日手を選ぶ手もあったようですが
果敢に千日手の打開を目指して受け始めました。

それがアダになったようです。豊島棋聖が大技や離れ業の連発で
菅井王位の金銀3枚の穴熊を見事に崩して、攻め倒しました。

菅井王位にとっては数日は眠れない夜が続くでしょう。

豊島棋聖にとっては王位のタイトル奪取のチャンスは残されました。

いやぁ、将棋の面白さ、醍醐味がずいぶん出た対局でした。
十分堪能させていただきました。

お二人ともお疲れさまでした。

最終局は9月26、27日 (水、木)
都市センターホテルにて
東京都千代田区平河町2-4-1

第59期王位戦七番勝負 第5局

第5局は8月29、30日(水、木) 渭水苑にて
徳島県徳島市沖浜東1-54

先手 菅井竜也王位 
後手 豊島将之棋聖

第59期王位戦七番勝負 第5局菅井の勝ち
133手 2六銀まで
第59期王位戦-第5局菅井の勝.jpg

果敢に攻めた豊島棋聖でしたが、最後は力尽きて投了です。

後手は飛車が働かなかったですね。最後の最後は飛車を転回しましたが
時すでに遅しで、敗色濃厚になってからでした。

封じ手の2五歩の時点で、豊島棋聖の作戦負けだったような気がします。
攻めてはいましたが、馬ができたくらいで思わしい攻めがありませんでした。

プロの将棋はやはりすごいですね。
戦いが始まる時点で流れが決まっていましたね。
見えない部分の、盤面に現れない部分で勝負が決まるのでしょう。

しかし、まだ豊島棋聖があと1勝すれば最終局までもつれ込む
チャンスがあります。できれば最後までみたいですね。

お二人ともお疲れさまでした。



第59期王位戦七番勝負 第4局

8月22、23日(水、木)

ホテル日航福岡
福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目18番25号

先手 豊島将之棋聖 
後手 菅井竜也王位

第59期王位戦七番勝負 第4局豊島棋聖の勝ち
119手 8四金まで
第59期王位戦-第4局豊島棋聖.jpg

豊島棋聖の勝ちです。AbemaTVで見ていましたが
他のプロの方の予想手をことごとく外していました。

今、豊島棋聖は将棋レイティングNo1ですから、
棋聖の指し方が正しいのでしょう。

これで2勝2敗。長く楽しめます。

お二人ともお疲れさまでした。

第5局は8月29、30日(水、木) 渭水苑にて
徳島県徳島市沖浜東1-54


第59期王位戦七番勝負 第3局

8月1、2日(水、木)

ホテルエミシア札幌
北海道札幌市厚別区厚別中央2条5丁目5-25

先手 菅井竜也王位 
後手 豊島将之棋聖

第59期王位戦七番勝負 第3局菅井王位の勝ち
157手 5六銀まで
第59期王位戦-第3局菅井王位.jpg
いやぁ、面白い将棋でしたね。

お互いに攻めたり、受けたり、将棋を十分堪能させていただきました。

ありがとうございました。

お二人ともお疲れさまでした。

Copyrights(c) 2013 Japan Shogi Association,
ブログ記事より引用。

第59期王位戦七番勝負 第2局

7月24、25日 (火、水)
中の坊瑞苑
兵庫県神戸市北区有馬町808にて。

先手 豊島将之棋聖 
後手 菅井竜也王位


第59期王位戦七番勝負 第2局豊島棋聖の勝ち
105手 7一銀まで
第59期王位戦-第2局豊島棋聖.jpg

鮮やかに決めました。豊島棋聖。
やはり穴熊は堅かったですね。

投了図以降は、同竜と銀を取れば8三香と打って、同玉なら
先手は竜をとれます。

とらずに8三玉と逃げれば、6二銀成りで金がタダでとれ、
しかも竜に当たります。もう指しようがないですね。

封じ手以降、菅井王位にはいい手が全然なかったようです。
ということは作戦負けだったようです。

プロレベルでは、もう封じ手以前に勝負はついていたのでしょうか?
やはりトップ棋士はすごいです。

しかしこれで1勝1敗。長く対局を見れますね。

お二人ともお疲れさまでした。


第59期王位戦七番勝負 第1局

7月4、5日(水、木)
ホテルフォレスタ
愛知県豊田市岩倉町一本松1番地1

先手 菅井竜也王位 
後手 豊島将之八段

第59期王位戦七番勝負 第1局 菅井王位の勝ち
133手 3二金まで
第59期王位戦-第1局菅井王位.jpg

面白い将棋でした。ずっと豊島八段が悪かったようですが
菅井王位に決め手を与えず、ここまでも持ちこたえました。

ただ一歩及ばなかったようです。

七番勝負は始まったばかり、豊島八段にも頑張ってほしいですね。

お二人ともお疲れ様でした。

第2局は7月24、25日 (火、水)
中の坊瑞苑
兵庫県神戸市北区有馬町808にて。

豊島八段のほかのタイトル戦との兼ね合いでしょうけど、
時間が空きますね。


第58期王位戦七番勝負第5局
第5局は8月29日(火)30日(水)
徳島県徳島市「渭水苑」


先手 羽生善治王位 
後手 菅井竜也七段

第5局 菅井七段の勝ち 王位奪取
108手 5七歩成まで
第58期王位戦 第5局 菅井七段 王位奪取.jpg

4勝1敗で、菅井七段が王位を奪取しました。

初挑戦でタイトル奪取。
おめでとうございます。

今まで若手の挑戦を退けてきました羽生さん、
今期は残念でした。今期不調だったようですね。

これで羽生さんはタイトルを一つ失冠して、
明日以降羽生二冠と呼ばれるのでしょう。

しかし羽生さんはこれまでもタイトルは奪取されても、
毎年、毎年不死鳥のように蘇ってきていますから。

たとえ二冠でも現時点では
棋界最強は間違いないと思います。

絶対王者であることは誰もが認めることですから。

また別の棋戦での戦いを期待します。

今期羽生さんが角交換の振り飛車に苦しめられたという事で、
今後角交換振り飛車の力戦系が脚光浴びるかもしれませんね。

お二人ともお疲れさまでした。


第57期王位戦七番勝負第7局 

9月26、27日(月、火)
先手 羽生善治王位 
後手 木村一基八段

対局場 元湯 陣屋
羽生王位の勝ち
羽生王位 93手 5六銀打まで
第57期王位戦 第7局  羽生王位の勝ち.jpg

5月の名人戦以来、絶不調のただなかから
棋聖戦、そして王位戦とタイトル防衛。

あと王座戦もあと1勝でタイトル防衛。
本来の羽生さんになっていると思います。


木村八段、今回は残念でしたが、捲土重来を期します。

お二人ともお疲れさまでした。


nice!(0)  コメント(0) 

第59期王位戦七番勝負 第7局封じ手 [王位戦]

第59期王位戦七番勝負 第7局

9月26、27日 (水、木)
都市センターホテルにて
東京都千代田区平河町2-4-1

先手 豊島将之棋聖 
後手 菅井竜也王位

第59期王位戦七番勝負 第7局封じ手
63手 6六歩まで
第59期王位戦-第7局封じ手.jpg

途中菅井王位が、6三の銀を5四に出しては、元に戻していました。
手詰まり模様で千日手狙いのように見受けられました。

ということは研究の範囲から逸脱していたのでしょう。
菅井王位危なし。

封じ手の局面を見ると、穴熊ではあるけれど後手玉は、
金と銀だけの穴熊。対する先手玉は金銀3枚の穴熊。

いかにも後手玉は薄いですね。
同じく攻め合えば、先手玉の方が一足早いような気がします。

第6局は菅井王位の逆転負けでしたが、今シリーズは、優勢な方が
そのまま押し切っているような感じです。

ここ最近のタイトル戦を見ていると封じ手の局面で
ほぼ優劣が決まりかけているような気がします。

この封じ手は菅井王位大事ですね。
封じ手の時刻を過ぎても、考え続けていましたから。

タイトル防衛か、失冠かの瀬戸際です。

明日は午前9時から開始です。


第59期王位戦七番勝負 第7局1日目昼食
51手 8六歩まで
第59期王位戦-第7局1日目昼食.jpg

振り駒で先手が豊島棋聖に決まりました。

前局に続いて、お互いに穴熊に潜り込みました。
穴熊にするかどうかは後手の菅井王位の誘導でしたね。

前局で穴熊を丸裸にされたリベンジとばかりに
菅井王位が意地の穴熊の選択でした。

ただ同じ穴熊の陣形としてみてみると、
後手は駒の展開があまり望めそうにありません。

それに比べて先手玉は、指したい手が、指せる手が
たくさんあります。

これが後手の穴熊が減ってきた一因かもしれませんね。
同じ穴熊でも、駒の展開、発展性で振り飛車の方が劣りますね。

本局は後手は穴熊なのに7筋も、6筋も歩を突き出している。
後手の方が駒を撃ち込まれるマス目が多いですね。

つまりと金を作られやすいですね。
それに比べて先手はスキが無いですね。

菅井王位の研究の範疇でしょうから
どうなりますことやら・・・。

菅井王位が勝てば防衛、
豊島棋聖が勝てばタイトル奪還で2冠になります。

決着は明日の夕刻ごろにつくでしょう。
楽しみですね。

昼食は
菅井王位が「とんかつ定食、バニラアイス」、
豊島棋聖が「チキンのポワレ・ケッカソース、グレープフルーツジュース」
第7局1日目昼食.jpg

Copyrights(c) 2013 Japan Shogi Association,
ブログ記事より引用。

第59期王位戦七番勝負 第6局

第6局は9月10、11日(月、火)
元湯 陣屋 神奈川県秦野市鶴巻北2-8-24

先手 豊島将之棋聖 
後手 菅井竜也王位

第59期王位戦七番勝負 第6局豊島棋聖の勝ち
165手 4五角まで
第59期王位戦-第6局豊島棋聖.jpg

いやぁ押したり引いたり長い将棋でした。
途中菅井王位に形勢は傾いていたようでした。

しかし、豊島棋聖が粘って攻め続けていました。

その時、菅井王位が千日手を選ぶ手もあったようですが
果敢に千日手の打開を目指して受け始めました。

それがアダになったようです。豊島棋聖が大技や離れ業の連発で
菅井王位の金銀3枚の穴熊を見事に崩して、攻め倒しました。

菅井王位にとっては数日は眠れない夜が続くでしょう。

豊島棋聖にとっては王位のタイトル奪取のチャンスは残されました。

いやぁ、将棋の面白さ、醍醐味がずいぶん出た対局でした。
十分堪能させていただきました。

お二人ともお疲れさまでした。

最終局は9月26、27日 (水、木)
都市センターホテルにて
東京都千代田区平河町2-4-1

第59期王位戦七番勝負 第5局

第5局は8月29、30日(水、木) 渭水苑にて
徳島県徳島市沖浜東1-54

先手 菅井竜也王位 
後手 豊島将之棋聖

第59期王位戦七番勝負 第5局菅井の勝ち
133手 2六銀まで
第59期王位戦-第5局菅井の勝.jpg

果敢に攻めた豊島棋聖でしたが、最後は力尽きて投了です。

後手は飛車が働かなかったですね。最後の最後は飛車を転回しましたが
時すでに遅しで、敗色濃厚になってからでした。

封じ手の2五歩の時点で、豊島棋聖の作戦負けだったような気がします。
攻めてはいましたが、馬ができたくらいで思わしい攻めがありませんでした。

プロの将棋はやはりすごいですね。
戦いが始まる時点で流れが決まっていましたね。
見えない部分の、盤面に現れない部分で勝負が決まるのでしょう。

しかし、まだ豊島棋聖があと1勝すれば最終局までもつれ込む
チャンスがあります。できれば最後までみたいですね。

お二人ともお疲れさまでした。



第59期王位戦七番勝負 第4局

8月22、23日(水、木)

ホテル日航福岡
福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目18番25号

先手 豊島将之棋聖 
後手 菅井竜也王位

第59期王位戦七番勝負 第4局豊島棋聖の勝ち
119手 8四金まで
第59期王位戦-第4局豊島棋聖.jpg

豊島棋聖の勝ちです。AbemaTVで見ていましたが
他のプロの方の予想手をことごとく外していました。

今、豊島棋聖は将棋レイティングNo1ですから、
棋聖の指し方が正しいのでしょう。

これで2勝2敗。長く楽しめます。

お二人ともお疲れさまでした。

第5局は8月29、30日(水、木) 渭水苑にて
徳島県徳島市沖浜東1-54


第59期王位戦七番勝負 第3局

8月1、2日(水、木)

ホテルエミシア札幌
北海道札幌市厚別区厚別中央2条5丁目5-25

先手 菅井竜也王位 
後手 豊島将之棋聖

第59期王位戦七番勝負 第3局菅井王位の勝ち
157手 5六銀まで
第59期王位戦-第3局菅井王位.jpg
いやぁ、面白い将棋でしたね。

お互いに攻めたり、受けたり、将棋を十分堪能させていただきました。

ありがとうございました。

お二人ともお疲れさまでした。

Copyrights(c) 2013 Japan Shogi Association,
ブログ記事より引用。

第59期王位戦七番勝負 第2局

7月24、25日 (火、水)
中の坊瑞苑
兵庫県神戸市北区有馬町808にて。

先手 豊島将之棋聖 
後手 菅井竜也王位


第59期王位戦七番勝負 第2局豊島棋聖の勝ち
105手 7一銀まで
第59期王位戦-第2局豊島棋聖.jpg

鮮やかに決めました。豊島棋聖。
やはり穴熊は堅かったですね。

投了図以降は、同竜と銀を取れば8三香と打って、同玉なら
先手は竜をとれます。

とらずに8三玉と逃げれば、6二銀成りで金がタダでとれ、
しかも竜に当たります。もう指しようがないですね。

封じ手以降、菅井王位にはいい手が全然なかったようです。
ということは作戦負けだったようです。

プロレベルでは、もう封じ手以前に勝負はついていたのでしょうか?
やはりトップ棋士はすごいです。

しかしこれで1勝1敗。長く対局を見れますね。

お二人ともお疲れさまでした。


第59期王位戦七番勝負 第1局

7月4、5日(水、木)
ホテルフォレスタ
愛知県豊田市岩倉町一本松1番地1

先手 菅井竜也王位 
後手 豊島将之八段

第59期王位戦七番勝負 第1局 菅井王位の勝ち
133手 3二金まで
第59期王位戦-第1局菅井王位.jpg

面白い将棋でした。ずっと豊島八段が悪かったようですが
菅井王位に決め手を与えず、ここまでも持ちこたえました。

ただ一歩及ばなかったようです。

七番勝負は始まったばかり、豊島八段にも頑張ってほしいですね。

お二人ともお疲れ様でした。

第2局は7月24、25日 (火、水)
中の坊瑞苑
兵庫県神戸市北区有馬町808にて。

豊島八段のほかのタイトル戦との兼ね合いでしょうけど、
時間が空きますね。


第58期王位戦七番勝負第5局
第5局は8月29日(火)30日(水)
徳島県徳島市「渭水苑」


先手 羽生善治王位 
後手 菅井竜也七段

第5局 菅井七段の勝ち 王位奪取
108手 5七歩成まで
第58期王位戦 第5局 菅井七段 王位奪取.jpg

4勝1敗で、菅井七段が王位を奪取しました。

初挑戦でタイトル奪取。
おめでとうございます。

今まで若手の挑戦を退けてきました羽生さん、
今期は残念でした。今期不調だったようですね。

これで羽生さんはタイトルを一つ失冠して、
明日以降羽生二冠と呼ばれるのでしょう。

しかし羽生さんはこれまでもタイトルは奪取されても、
毎年、毎年不死鳥のように蘇ってきていますから。

たとえ二冠でも現時点では
棋界最強は間違いないと思います。

絶対王者であることは誰もが認めることですから。

また別の棋戦での戦いを期待します。

今期羽生さんが角交換の振り飛車に苦しめられたという事で、
今後角交換振り飛車の力戦系が脚光浴びるかもしれませんね。

お二人ともお疲れさまでした。


第57期王位戦七番勝負第7局 

9月26、27日(月、火)
先手 羽生善治王位 
後手 木村一基八段

対局場 元湯 陣屋
羽生王位の勝ち
羽生王位 93手 5六銀打まで
第57期王位戦 第7局  羽生王位の勝ち.jpg

5月の名人戦以来、絶不調のただなかから
棋聖戦、そして王位戦とタイトル防衛。

あと王座戦もあと1勝でタイトル防衛。
本来の羽生さんになっていると思います。


木村八段、今回は残念でしたが、捲土重来を期します。

お二人ともお疲れさまでした。


nice!(0)  コメント(0) 

第59期王位戦七番勝負 第7局1日目昼食 [王位戦]

第59期王位戦七番勝負 第7局

9月26、27日 (水、木)
都市センターホテルにて
東京都千代田区平河町2-4-1

先手 豊島将之棋聖 
後手 菅井竜也王位

第59期王位戦七番勝負 第7局1日目昼食
51手 8六歩まで
第59期王位戦-第7局1日目昼食.jpg

振り駒で先手が豊島棋聖に決まりました。

前局に続いて、お互いに穴熊に潜り込みました。
穴熊にするかどうかは後手の菅井王位の誘導でしたね。

前局で穴熊を丸裸にされたリベンジとばかりに
菅井王位が意地の穴熊の選択でした。

ただ同じ穴熊の陣形としてみてみると、
後手は駒の展開があまり望めそうにありません。

それに比べて先手玉は、指したい手が、指せる手が
たくさんあります。

これが後手の穴熊が減ってきた一因かもしれませんね。
同じ穴熊でも、駒の展開、発展性で振り飛車の方が劣りますね。

本局は後手は穴熊なのに7筋も、6筋も歩を突き出している。
後手の方が駒を撃ち込まれるマス目が多いですね。

つまりと金を作られやすいですね。
それに比べて先手はスキが無いですね。

菅井王位の研究の範疇でしょうから
どうなりますことやら・・・。

菅井王位が勝てば防衛、
豊島棋聖が勝てばタイトル奪還で2冠になります。

決着は明日の夕刻ごろにつくでしょう。
楽しみですね。

昼食は
菅井王位が「とんかつ定食、バニラアイス」、
豊島棋聖が「チキンのポワレ・ケッカソース、グレープフルーツジュース」
第7局1日目昼食.jpg

Copyrights(c) 2013 Japan Shogi Association,
ブログ記事より引用。

第59期王位戦七番勝負 第6局

第6局は9月10、11日(月、火)
元湯 陣屋 神奈川県秦野市鶴巻北2-8-24

先手 豊島将之棋聖 
後手 菅井竜也王位

第59期王位戦七番勝負 第6局豊島棋聖の勝ち
165手 4五角まで
第59期王位戦-第6局豊島棋聖.jpg

いやぁ押したり引いたり長い将棋でした。
途中菅井王位に形勢は傾いていたようでした。

しかし、豊島棋聖が粘って攻め続けていました。

その時、菅井王位が千日手を選ぶ手もあったようですが
果敢に千日手の打開を目指して受け始めました。

それがアダになったようです。豊島棋聖が大技や離れ業の連発で
菅井王位の金銀3枚の穴熊を見事に崩して、攻め倒しました。

菅井王位にとっては数日は眠れない夜が続くでしょう。

豊島棋聖にとっては王位のタイトル奪取のチャンスは残されました。

いやぁ、将棋の面白さ、醍醐味がずいぶん出た対局でした。
十分堪能させていただきました。

お二人ともお疲れさまでした。

最終局は9月26、27日 (水、木)
都市センターホテルにて
東京都千代田区平河町2-4-1

第59期王位戦七番勝負 第5局

第5局は8月29、30日(水、木) 渭水苑にて
徳島県徳島市沖浜東1-54

先手 菅井竜也王位 
後手 豊島将之棋聖

第59期王位戦七番勝負 第5局菅井の勝ち
133手 2六銀まで
第59期王位戦-第5局菅井の勝.jpg

果敢に攻めた豊島棋聖でしたが、最後は力尽きて投了です。

後手は飛車が働かなかったですね。最後の最後は飛車を転回しましたが
時すでに遅しで、敗色濃厚になってからでした。

封じ手の2五歩の時点で、豊島棋聖の作戦負けだったような気がします。
攻めてはいましたが、馬ができたくらいで思わしい攻めがありませんでした。

プロの将棋はやはりすごいですね。
戦いが始まる時点で流れが決まっていましたね。
見えない部分の、盤面に現れない部分で勝負が決まるのでしょう。

しかし、まだ豊島棋聖があと1勝すれば最終局までもつれ込む
チャンスがあります。できれば最後までみたいですね。

お二人ともお疲れさまでした。



第59期王位戦七番勝負 第4局

8月22、23日(水、木)

ホテル日航福岡
福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目18番25号

先手 豊島将之棋聖 
後手 菅井竜也王位

第59期王位戦七番勝負 第4局豊島棋聖の勝ち
119手 8四金まで
第59期王位戦-第4局豊島棋聖.jpg

豊島棋聖の勝ちです。AbemaTVで見ていましたが
他のプロの方の予想手をことごとく外していました。

今、豊島棋聖は将棋レイティングNo1ですから、
棋聖の指し方が正しいのでしょう。

これで2勝2敗。長く楽しめます。

お二人ともお疲れさまでした。

第5局は8月29、30日(水、木) 渭水苑にて
徳島県徳島市沖浜東1-54


第59期王位戦七番勝負 第3局

8月1、2日(水、木)

ホテルエミシア札幌
北海道札幌市厚別区厚別中央2条5丁目5-25

先手 菅井竜也王位 
後手 豊島将之棋聖

第59期王位戦七番勝負 第3局菅井王位の勝ち
157手 5六銀まで
第59期王位戦-第3局菅井王位.jpg
いやぁ、面白い将棋でしたね。

お互いに攻めたり、受けたり、将棋を十分堪能させていただきました。

ありがとうございました。

お二人ともお疲れさまでした。

Copyrights(c) 2013 Japan Shogi Association,
ブログ記事より引用。

第59期王位戦七番勝負 第2局

7月24、25日 (火、水)
中の坊瑞苑
兵庫県神戸市北区有馬町808にて。

先手 豊島将之棋聖 
後手 菅井竜也王位


第59期王位戦七番勝負 第2局豊島棋聖の勝ち
105手 7一銀まで
第59期王位戦-第2局豊島棋聖.jpg

鮮やかに決めました。豊島棋聖。
やはり穴熊は堅かったですね。

投了図以降は、同竜と銀を取れば8三香と打って、同玉なら
先手は竜をとれます。

とらずに8三玉と逃げれば、6二銀成りで金がタダでとれ、
しかも竜に当たります。もう指しようがないですね。

封じ手以降、菅井王位にはいい手が全然なかったようです。
ということは作戦負けだったようです。

プロレベルでは、もう封じ手以前に勝負はついていたのでしょうか?
やはりトップ棋士はすごいです。

しかしこれで1勝1敗。長く対局を見れますね。

お二人ともお疲れさまでした。


第59期王位戦七番勝負 第1局

7月4、5日(水、木)
ホテルフォレスタ
愛知県豊田市岩倉町一本松1番地1

先手 菅井竜也王位 
後手 豊島将之八段

第59期王位戦七番勝負 第1局 菅井王位の勝ち
133手 3二金まで
第59期王位戦-第1局菅井王位.jpg

面白い将棋でした。ずっと豊島八段が悪かったようですが
菅井王位に決め手を与えず、ここまでも持ちこたえました。

ただ一歩及ばなかったようです。

七番勝負は始まったばかり、豊島八段にも頑張ってほしいですね。

お二人ともお疲れ様でした。

第2局は7月24、25日 (火、水)
中の坊瑞苑
兵庫県神戸市北区有馬町808にて。

豊島八段のほかのタイトル戦との兼ね合いでしょうけど、
時間が空きますね。


第58期王位戦七番勝負第5局
第5局は8月29日(火)30日(水)
徳島県徳島市「渭水苑」


先手 羽生善治王位 
後手 菅井竜也七段

第5局 菅井七段の勝ち 王位奪取
108手 5七歩成まで
第58期王位戦 第5局 菅井七段 王位奪取.jpg

4勝1敗で、菅井七段が王位を奪取しました。

初挑戦でタイトル奪取。
おめでとうございます。

今まで若手の挑戦を退けてきました羽生さん、
今期は残念でした。今期不調だったようですね。

これで羽生さんはタイトルを一つ失冠して、
明日以降羽生二冠と呼ばれるのでしょう。

しかし羽生さんはこれまでもタイトルは奪取されても、
毎年、毎年不死鳥のように蘇ってきていますから。

たとえ二冠でも現時点では
棋界最強は間違いないと思います。

絶対王者であることは誰もが認めることですから。

また別の棋戦での戦いを期待します。

今期羽生さんが角交換の振り飛車に苦しめられたという事で、
今後角交換振り飛車の力戦系が脚光浴びるかもしれませんね。

お二人ともお疲れさまでした。


第57期王位戦七番勝負第7局 

9月26、27日(月、火)
先手 羽生善治王位 
後手 木村一基八段

対局場 元湯 陣屋
羽生王位の勝ち
羽生王位 93手 5六銀打まで
第57期王位戦 第7局  羽生王位の勝ち.jpg

5月の名人戦以来、絶不調のただなかから
棋聖戦、そして王位戦とタイトル防衛。

あと王座戦もあと1勝でタイトル防衛。
本来の羽生さんになっていると思います。


木村八段、今回は残念でしたが、捲土重来を期します。

お二人ともお疲れさまでした。


nice!(1)  コメント(0) 

第66期王座戦五番勝負 第2局斎藤七段の勝ち [王座戦]

第66期王座戦五番勝負第2局

9月20日(木)
ウェスティン都ホテル京都にて
京都府京都市東山区粟田口華頂町1

先手 中村太地王座
後手 斎藤慎太郎七段

第66期王座戦五番勝負 第2局斎藤七段の勝ち
138手 7七桂成まで
第66期王座戦-第2局斎藤七段.jpg

後手玉は5ニ玉と6ニ金の守りで戦っていました。
先手玉のように入城したわけではないので。
一見不利そうですけど、プロ的にはそうではないのでしょう。

アマ有段者の目から見てどんな展開になるのか
予測がつきませんでした。当然と言えば当然ですが。

しかし、斎藤七段のしっかりした読みに裏付けられた
駒運びで勝利をものにしましたね。

今プロ棋士を凌ぐほどにまでなった将棋ソフト
上位の棋士の方は、研究のために使っているのでしょう。
チェスのプロ、グランドマスターもそうですから。

その研究手順をこういうタイトル戦や、ここ一番で
採用しているのでしょう。

菅井王位が、去年王位戦で、羽生元王位と対戦するときに
以前ならあり得なかった振り飛車から居飛車に直す戦形が出ました。
きっと研究手順とほぼ同じだったのでしょう。

PCに型を指定して、研究させていれば、プロの方は
それを実践で活かせるスキルがあるから。
我々アマには無理ですけど

棋士レイティングで5番目に位置する棋士の
斎藤さんは違いますね。

藤井聡太七段より1順位、上ですから。

対する中村王座は22番目。

点数的にはわずかな差ですが、プロの世界では
それが大きな差なんでしょうね。

これで斎藤七段2連勝、中村王座は、もうカド番です。
次回はなんとしてでも勝ちたいでしょうね。

中村王座の次回の健闘を期待します。

お二人ともお疲れさまでした。


第66期王座戦五番勝負 第2局夕食休憩
68手 2五桂まで
第66期王座戦-第2局夕食休憩.jpg


角換わりから、手は進んで現局面で夕食休憩に入りました。

横歩取りもそうですけど、角換わりもどこから
矢が飛んでくるかわからない。

我々アマには指しにくい戦法ですね。

王位戦の菅井王位のように振り飛車の方がわかりやすい。

形勢は先手持ちのプロの方が多いような感じです。

夕食は
中村王座がうな重とウーロン茶、
斎藤七段がちらし寿司とウーロン茶。

copyright 日本経済新聞社&日本将棋連盟
ブログ記事より引用

第66期王座戦五番勝負第2局昼食休憩
46手 7二金まで
第66期王座戦-第2局昼食休憩.jpg

斎藤七段の先勝で始まった本棋戦。
5番勝負は本局を中村王座が負ければ、もうカド番。

中村王座もぜひ勝ちたい1局ですね。

昼食のメニューは
中村王座がスペシャルハンバーグ(フライドエッグのせ)、ウーロン茶、
斎藤七段がスペシャルハンバーグ(フライドエッグとマッシュルームのせ)、
パイナップルジュース。
第2局 昼食.jpg
両者ともスペシャルハンバーグ

copyright 日本経済新聞社&日本将棋連盟
ブログ記事より引用


第65期王座戦五番勝負第1局

9月4日(火) 元湯 陣屋
神奈川県秦野市鶴巻北2-8-24

先手 斎藤慎太郎七段
後手 中村太地王座

第66期王座戦五番勝負 第1局斎藤七段の勝ち
145手 8四金まで
第66期王座戦-第1局斎藤七段.jpg

AbemaTVで見ていましたが、終盤の入り口まで
斎藤七段の方が良かったのに、応手を間違えて
中村王座にチャンスが回ってきていました。

あのまま中村王座が勝っていたら、斎藤七段はしばらく
眠れない夜が続いたかもしれません。

幸いなことに、中村王座も時間が無くなって秒読みで
決めきれなかったようです。

斎藤七段にとっては幸先のいいスタートでした。

お二人ともお疲れさまでした。

第2局は9月20日(木) ウェスティン都ホテル京都にて
京都府京都市東山区粟田口華頂町1


第65期王座戦五番勝負 第4局

10月11日(水)
横浜ロイヤルパークホテル
神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1-3

先手 羽生善治王座
後手 中村太地六段

第65期王座戦五番勝負 第4局 中村六段 タイトル奪取
80手 3六角まで
第65期王座戦-第4局中村六段.jpg

中村六段、タイトル奪取。
二度目の王座戦挑戦でついに羽生王座からタイトルを奪取しました。

羽生さんは13年ぶりの一冠になりました。
なんか寂しく見えます。

しかし、タイトルを一度も取ったことがない棋士がたくさんいるのですから
そう思うは、他の棋士の方に失礼かも・・・

王位に続いて王座も失った羽生さん。

ついに羽生さんにも年齢的なものが現れてきたのでしょうか?

さあ、竜王戦で、その答えが出そうな気がします。
竜王奪取であれば、羽生さんはまだまだ健在。

竜王奪取のために、力を温存していたと思いたいですね。

渡辺竜王との対戦成績は、5~6年前だと、
圧倒的に渡辺竜王がリードしていました。

しかし、現在、対戦成績は五分五分になっているんです。
普通あり得ないですね。

自分より年下の棋士に、大差をつけられたままで終わるのが常識でした。

大山名人、中原名人、谷川名人
皆さん年下の有望若手が出てきてからは負け越していますから。

しかし羽生さんは例外でした。
さあ、竜王戦楽しみです。

お二人ともお疲れさまでした。

中村六段タイトル奪取おめでとうございます。


第65期王座戦五番勝負 第3局

10月4日(火)

対局場:京都市「ウェスティン都ホテル京都」 

羽生善治王座 対 糸谷哲郎八段

羽生王座の勝ち
第64期王座戦 第3局 羽生王座タイトル防衛.jpg

終わってみれば、羽生王座が3連勝でタイトル防衛。

あの強い羽生さんが帰ってきました。

糸谷八段には残念なタイトル戦でしたが、
またの機会にリベンジを。

お二人ともお疲れさまでした。
nice!(0)  コメント(0) 

第66期王座戦五番勝負 第2局夕食休憩 [王座戦]

第66期王座戦五番勝負第2局

9月20日(木)
ウェスティン都ホテル京都にて
京都府京都市東山区粟田口華頂町1

先手 中村太地王座
後手 斎藤慎太郎七段

第66期王座戦五番勝負 第2局夕食休憩
68手 2五桂まで
第66期王座戦-第2局夕食休憩.jpg


角換わりから、手は進んで現局面で夕食休憩に入りました。

横歩取りもそうですけど、角換わりもどこから
矢が飛んでくるかわからない。

我々アマには指しにくい戦法ですね。

王位戦の菅井王位のように振り飛車の方がわかりやすい。

形勢は先手持ちのプロの方が多いような感じです。

夕食は
中村王座がうな重とウーロン茶、
斎藤七段がちらし寿司とウーロン茶。

copyright 日本経済新聞社&日本将棋連盟
ブログ記事より引用

第66期王座戦五番勝負第2局昼食休憩
46手 7二金まで
第66期王座戦-第2局昼食休憩.jpg

斎藤七段の先勝で始まった本棋戦。
5番勝負は本局を中村王座が負ければ、もうカド番。

中村王座もぜひ勝ちたい1局ですね。

昼食のメニューは
中村王座がスペシャルハンバーグ(フライドエッグのせ)、ウーロン茶、
斎藤七段がスペシャルハンバーグ(フライドエッグとマッシュルームのせ)、
パイナップルジュース。
第2局 昼食.jpg
両者ともスペシャルハンバーグ

copyright 日本経済新聞社&日本将棋連盟
ブログ記事より引用


第65期王座戦五番勝負第1局

9月4日(火) 元湯 陣屋
神奈川県秦野市鶴巻北2-8-24

先手 斎藤慎太郎七段
後手 中村太地王座

第66期王座戦五番勝負 第1局斎藤七段の勝ち
145手 8四金まで
第66期王座戦-第1局斎藤七段.jpg

AbemaTVで見ていましたが、終盤の入り口まで
斎藤七段の方が良かったのに、応手を間違えて
中村王座にチャンスが回ってきていました。

あのまま中村王座が勝っていたら、斎藤七段はしばらく
眠れない夜が続いたかもしれません。

幸いなことに、中村王座も時間が無くなって秒読みで
決めきれなかったようです。

斎藤七段にとっては幸先のいいスタートでした。

お二人ともお疲れさまでした。

第2局は9月20日(木) ウェスティン都ホテル京都にて
京都府京都市東山区粟田口華頂町1


第65期王座戦五番勝負 第4局

10月11日(水)
横浜ロイヤルパークホテル
神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1-3

先手 羽生善治王座
後手 中村太地六段

第65期王座戦五番勝負 第4局 中村六段 タイトル奪取
80手 3六角まで
第65期王座戦-第4局中村六段.jpg

中村六段、タイトル奪取。
二度目の王座戦挑戦でついに羽生王座からタイトルを奪取しました。

羽生さんは13年ぶりの一冠になりました。
なんか寂しく見えます。

しかし、タイトルを一度も取ったことがない棋士がたくさんいるのですから
そう思うは、他の棋士の方に失礼かも・・・

王位に続いて王座も失った羽生さん。

ついに羽生さんにも年齢的なものが現れてきたのでしょうか?

さあ、竜王戦で、その答えが出そうな気がします。
竜王奪取であれば、羽生さんはまだまだ健在。

竜王奪取のために、力を温存していたと思いたいですね。

渡辺竜王との対戦成績は、5~6年前だと、
圧倒的に渡辺竜王がリードしていました。

しかし、現在、対戦成績は五分五分になっているんです。
普通あり得ないですね。

自分より年下の棋士に、大差をつけられたままで終わるのが常識でした。

大山名人、中原名人、谷川名人
皆さん年下の有望若手が出てきてからは負け越していますから。

しかし羽生さんは例外でした。
さあ、竜王戦楽しみです。

お二人ともお疲れさまでした。

中村六段タイトル奪取おめでとうございます。


第65期王座戦五番勝負 第3局

10月4日(火)

対局場:京都市「ウェスティン都ホテル京都」 

羽生善治王座 対 糸谷哲郎八段

羽生王座の勝ち
第64期王座戦 第3局 羽生王座タイトル防衛.jpg

終わってみれば、羽生王座が3連勝でタイトル防衛。

あの強い羽生さんが帰ってきました。

糸谷八段には残念なタイトル戦でしたが、
またの機会にリベンジを。

お二人ともお疲れさまでした。
nice!(0)  コメント(0) 

第66期王座戦五番勝負 第2局昼食休憩 [王座戦]

第66期王座戦五番勝負第2局

9月20日(木)
ウェスティン都ホテル京都にて
京都府京都市東山区粟田口華頂町1
第2局 ウェスティン都ホテル京都.jpg

先手 中村太地王座
後手 斎藤慎太郎七段

第66期王座戦五番勝負第2局昼食休憩
46手 7二金まで
第66期王座戦-第2局昼食休憩.jpg

斎藤七段の先勝で始まった本棋戦。
5番勝負は本局を中村王座が負ければ、もうカド番。

中村王座もぜひ勝ちたい1局ですね。

昼食のメニューは
中村王座がスペシャルハンバーグ(フライドエッグのせ)、ウーロン茶、
斎藤七段がスペシャルハンバーグ(フライドエッグとマッシュルームのせ)、
パイナップルジュース。
第2局 昼食.jpg
両者ともスペシャルハンバーグ

copyright 日本経済新聞社&日本将棋連盟
ブログ記事より引用


第65期王座戦五番勝負第1局

9月4日(火) 元湯 陣屋
神奈川県秦野市鶴巻北2-8-24

先手 斎藤慎太郎七段
後手 中村太地王座

第66期王座戦五番勝負 第1局斎藤七段の勝ち
145手 8四金まで
第66期王座戦-第1局斎藤七段.jpg

AbemaTVで見ていましたが、終盤の入り口まで
斎藤七段の方が良かったのに、応手を間違えて
中村王座にチャンスが回ってきていました。

あのまま中村王座が勝っていたら、斎藤七段はしばらく
眠れない夜が続いたかもしれません。

幸いなことに、中村王座も時間が無くなって秒読みで
決めきれなかったようです。

斎藤七段にとっては幸先のいいスタートでした。

お二人ともお疲れさまでした。

第2局は9月20日(木) ウェスティン都ホテル京都にて
京都府京都市東山区粟田口華頂町1


第65期王座戦五番勝負 第4局

10月11日(水)
横浜ロイヤルパークホテル
神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1-3

先手 羽生善治王座
後手 中村太地六段

第65期王座戦五番勝負 第4局 中村六段 タイトル奪取
80手 3六角まで
第65期王座戦-第4局中村六段.jpg

中村六段、タイトル奪取。
二度目の王座戦挑戦でついに羽生王座からタイトルを奪取しました。

羽生さんは13年ぶりの一冠になりました。
なんか寂しく見えます。

しかし、タイトルを一度も取ったことがない棋士がたくさんいるのですから
そう思うは、他の棋士の方に失礼かも・・・

王位に続いて王座も失った羽生さん。

ついに羽生さんにも年齢的なものが現れてきたのでしょうか?

さあ、竜王戦で、その答えが出そうな気がします。
竜王奪取であれば、羽生さんはまだまだ健在。

竜王奪取のために、力を温存していたと思いたいですね。

渡辺竜王との対戦成績は、5~6年前だと、
圧倒的に渡辺竜王がリードしていました。

しかし、現在、対戦成績は五分五分になっているんです。
普通あり得ないですね。

自分より年下の棋士に、大差をつけられたままで終わるのが常識でした。

大山名人、中原名人、谷川名人
皆さん年下の有望若手が出てきてからは負け越していますから。

しかし羽生さんは例外でした。
さあ、竜王戦楽しみです。

お二人ともお疲れさまでした。

中村六段タイトル奪取おめでとうございます。


第65期王座戦五番勝負 第3局

10月4日(火)

対局場:京都市「ウェスティン都ホテル京都」 

羽生善治王座 対 糸谷哲郎八段

羽生王座の勝ち
第64期王座戦 第3局 羽生王座タイトル防衛.jpg

終わってみれば、羽生王座が3連勝でタイトル防衛。

あの強い羽生さんが帰ってきました。

糸谷八段には残念なタイトル戦でしたが、
またの機会にリベンジを。

お二人ともお疲れさまでした。
nice!(0)  コメント(0) 

第59期王位戦七番勝負 第6局豊島棋聖の勝ち [王位戦]

第59期王位戦七番勝負 第6局

第6局は9月10、11日(月、火)
元湯 陣屋 神奈川県秦野市鶴巻北2-8-24

先手 豊島将之棋聖 
後手 菅井竜也王位

第59期王位戦七番勝負 第6局豊島棋聖の勝ち
165手 4五角まで
第59期王位戦-第6局豊島棋聖.jpg

いやぁ押したり引いたり長い将棋でした。
途中菅井王位に形勢は傾いていたようでした。

しかし、豊島棋聖が粘って攻め続けていました。

その時、菅井王位が千日手を選ぶ手もあったようですが
果敢に千日手の打開を目指して受け始めました。

それがアダになったようです。豊島棋聖が大技や離れ業の連発で
菅井王位の金銀3枚の穴熊を見事に崩して、攻め倒しました。

菅井王位にとっては数日は眠れない夜が続くでしょう。

豊島棋聖にとっては王位のタイトル奪取のチャンスは残されました。

いやぁ、将棋の面白さ、醍醐味がずいぶん出た対局でした。
十分堪能させていただきました。

お二人ともお疲れさまでした。

最終局は9月26、27日 (水、木)
都市センターホテルにて
東京都千代田区平河町2-4-1

第59期王位戦七番勝負 第6局2日目昼食
93手 7九歩まで
第59期王位戦-第6局2日目昼食.jpg

細いだろう攻めから、よく手を作っていくものですね。

子供のころから奨励会で研鑽して、才能あるものしか
プロになれませんから、さすがですね。

しかし、形勢は混沌としているようです。

一手間違えたほうが、そのままずるずると
土俵を割ってしまいそうです。

昼食の注文は両者とも陣屋カレー、サラダ。
カレーは陣屋の名物みたいですから。
第6局2日目昼食.jpg
菅井王位はオレンジジュース、
豊島棋聖はグレープフルーツジュース

Copyrights(c) 2013 Japan Shogi Association,
ブログ記事より引用。

第59期王位戦七番勝負 第6局封じ手開封
71手 6六歩まで
第59期王位戦-第6局封じ手開.jpg

豊島棋聖の封じ手は6六歩でした。

プロの方の予想手にもありました。

銀を追い払えば、二丁飛車の攻めしかない。

あるとしても1一に落ちている香車を手に入れても
足りなさそうですし、と金攻めは、手数がかかり過ぎる。

さあ、菅井王位の応手が楽しみですし、豊島棋聖の
指し回しも楽しみです。

お互いに細い攻めを重ねて相手玉をどうやって打ち取るのか?


第59期王位戦七番勝負 第6局封じ手
70手 4九飛まで
第59期王位戦-第6局封じ手開.jpg

後手2枚飛車。
先手2枚角と桂馬得、成桂が3三。
駒割で見れば先手の得。

と金攻めしか手がなさそうな後手ですが、
2筋、4筋しか歩が切れていない。
2筋からと金作って攻めていっても遠いような気が。

かといって先手も金銀4枚の堅陣とはいえ、
同じように2筋と4筋にしかと金は作れそうにありません。

どうやって攻めを作っていくのでしょうか、
どちらにしても細い攻めをつないでいくしかなさそうです。

トップ棋士の方のお手並み拝見させていただきます。

第59期王位戦七番勝負 第6局昼食休憩
35手 7七角まで
第59期王位戦-第6局1日目昼食.jpg

菅井王位3勝2敗で、タイトル防衛にあと1勝。
豊島棋聖は何とか本局を勝って最終局につなげたいところ。

将棋は相穴熊で、菅井王位が四間飛車から、
三間に振り直して進んでいます。

こうしてみると居飛車穴熊の方が、いろいろと手が広く
いろんなことができそうに見えるのに

振り飛車の穴熊は、駒組の発展性もないし、
細い攻めをつながないといけない。

プロ間で振り飛車の穴熊が減ったのがわかる気がします。
だから、振り飛車側は角交換で急戦調の将棋が多くなっていますね。

現局面ですが、プロ的にはまだまだこれからの将棋なんでしょう。

昼食の注文は菅井王位、豊島棋聖ともに陣屋特製豚漬け重。
第6局1日目昼食.jpg
菅井王位はオレンジジュース、豊島棋聖はグレープフルーツジュース


Copyrights(c) 2013 Japan Shogi Association,
ブログ記事より引用。


第59期王位戦七番勝負 第5局

第5局は8月29、30日(水、木) 渭水苑にて
徳島県徳島市沖浜東1-54

先手 菅井竜也王位 
後手 豊島将之棋聖

第59期王位戦七番勝負 第5局菅井の勝ち
133手 2六銀まで
第59期王位戦-第5局菅井の勝.jpg

果敢に攻めた豊島棋聖でしたが、最後は力尽きて投了です。

後手は飛車が働かなかったですね。最後の最後は飛車を転回しましたが
時すでに遅しで、敗色濃厚になってからでした。

封じ手の2五歩の時点で、豊島棋聖の作戦負けだったような気がします。
攻めてはいましたが、馬ができたくらいで思わしい攻めがありませんでした。

プロの将棋はやはりすごいですね。
戦いが始まる時点で流れが決まっていましたね。
見えない部分の、盤面に現れない部分で勝負が決まるのでしょう。

しかし、まだ豊島棋聖があと1勝すれば最終局までもつれ込む
チャンスがあります。できれば最後までみたいですね。

お二人ともお疲れさまでした。





第59期王位戦七番勝負 第4局

8月22、23日(水、木)

ホテル日航福岡
福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目18番25号

先手 豊島将之棋聖 
後手 菅井竜也王位

第59期王位戦七番勝負 第4局豊島棋聖の勝ち
119手 8四金まで
第59期王位戦-第4局豊島棋聖.jpg

豊島棋聖の勝ちです。AbemaTVで見ていましたが
他のプロの方の予想手をことごとく外していました。

今、豊島棋聖は将棋レイティングNo1ですから、
棋聖の指し方が正しいのでしょう。

これで2勝2敗。長く楽しめます。

お二人ともお疲れさまでした。

第5局は8月29、30日(水、木) 渭水苑にて
徳島県徳島市沖浜東1-54


第59期王位戦七番勝負 第3局

8月1、2日(水、木)

ホテルエミシア札幌
北海道札幌市厚別区厚別中央2条5丁目5-25

先手 菅井竜也王位 
後手 豊島将之棋聖

第59期王位戦七番勝負 第3局菅井王位の勝ち
157手 5六銀まで
第59期王位戦-第3局菅井王位.jpg
いやぁ、面白い将棋でしたね。

お互いに攻めたり、受けたり、将棋を十分堪能させていただきました。

ありがとうございました。

お二人ともお疲れさまでした。

Copyrights(c) 2013 Japan Shogi Association,
ブログ記事より引用。

第59期王位戦七番勝負 第2局

7月24、25日 (火、水)
中の坊瑞苑
兵庫県神戸市北区有馬町808にて。

先手 豊島将之棋聖 
後手 菅井竜也王位


第59期王位戦七番勝負 第2局豊島棋聖の勝ち
105手 7一銀まで
第59期王位戦-第2局豊島棋聖.jpg

鮮やかに決めました。豊島棋聖。
やはり穴熊は堅かったですね。

投了図以降は、同竜と銀を取れば8三香と打って、同玉なら
先手は竜をとれます。

とらずに8三玉と逃げれば、6二銀成りで金がタダでとれ、
しかも竜に当たります。もう指しようがないですね。

封じ手以降、菅井王位にはいい手が全然なかったようです。
ということは作戦負けだったようです。

プロレベルでは、もう封じ手以前に勝負はついていたのでしょうか?
やはりトップ棋士はすごいです。

しかしこれで1勝1敗。長く対局を見れますね。

お二人ともお疲れさまでした。


第59期王位戦七番勝負 第1局

7月4、5日(水、木)
ホテルフォレスタ
愛知県豊田市岩倉町一本松1番地1

先手 菅井竜也王位 
後手 豊島将之八段

第59期王位戦七番勝負 第1局 菅井王位の勝ち
133手 3二金まで
第59期王位戦-第1局菅井王位.jpg

面白い将棋でした。ずっと豊島八段が悪かったようですが
菅井王位に決め手を与えず、ここまでも持ちこたえました。

ただ一歩及ばなかったようです。

七番勝負は始まったばかり、豊島八段にも頑張ってほしいですね。

お二人ともお疲れ様でした。

第2局は7月24、25日 (火、水)
中の坊瑞苑
兵庫県神戸市北区有馬町808にて。

豊島八段のほかのタイトル戦との兼ね合いでしょうけど、
時間が空きますね。


第58期王位戦七番勝負第5局
第5局は8月29日(火)30日(水)
徳島県徳島市「渭水苑」


先手 羽生善治王位 
後手 菅井竜也七段

第5局 菅井七段の勝ち 王位奪取
108手 5七歩成まで
第58期王位戦 第5局 菅井七段 王位奪取.jpg

4勝1敗で、菅井七段が王位を奪取しました。

初挑戦でタイトル奪取。
おめでとうございます。

今まで若手の挑戦を退けてきました羽生さん、
今期は残念でした。今期不調だったようですね。

これで羽生さんはタイトルを一つ失冠して、
明日以降羽生二冠と呼ばれるのでしょう。

しかし羽生さんはこれまでもタイトルは奪取されても、
毎年、毎年不死鳥のように蘇ってきていますから。

たとえ二冠でも現時点では
棋界最強は間違いないと思います。

絶対王者であることは誰もが認めることですから。

また別の棋戦での戦いを期待します。

今期羽生さんが角交換の振り飛車に苦しめられたという事で、
今後角交換振り飛車の力戦系が脚光浴びるかもしれませんね。

お二人ともお疲れさまでした。


第57期王位戦七番勝負第7局 

9月26、27日(月、火)
先手 羽生善治王位 
後手 木村一基八段

対局場 元湯 陣屋
羽生王位の勝ち
羽生王位 93手 5六銀打まで
第57期王位戦 第7局  羽生王位の勝ち.jpg

5月の名人戦以来、絶不調のただなかから
棋聖戦、そして王位戦とタイトル防衛。

あと王座戦もあと1勝でタイトル防衛。
本来の羽生さんになっていると思います。


木村八段、今回は残念でしたが、捲土重来を期します。

お二人ともお疲れさまでした。


nice!(1)  コメント(0) 

第59期王位戦七番勝負 第6局2日目昼食 [王位戦]

第59期王位戦七番勝負 第6局

第6局は9月10、11日(月、火)
元湯 陣屋 神奈川県秦野市鶴巻北2-8-24

先手 豊島将之棋聖 
後手 菅井竜也王位

第59期王位戦七番勝負 第6局2日目昼食
93手 7九歩まで
第59期王位戦-第6局2日目昼食.jpg

細いだろう攻めから、よく手を作っていくものですね。

子供のころから奨励会で研鑽して、才能あるものしか
プロになれませんから、さすがですね。

しかし、形勢は混沌としているようです。

一手間違えたほうが、そのままずるずると
土俵を割ってしまいそうです。

昼食の注文は両者とも陣屋カレー、サラダ。
カレーは陣屋の名物みたいですから。
第6局2日目昼食.jpg
菅井王位はオレンジジュース、
豊島棋聖はグレープフルーツジュース

Copyrights(c) 2013 Japan Shogi Association,
ブログ記事より引用。

第59期王位戦七番勝負 第6局封じ手開封
71手 6六歩まで
第59期王位戦-第6局封じ手開.jpg

豊島棋聖の封じ手は6六歩でした。

プロの方の予想手にもありました。

銀を追い払えば、二丁飛車の攻めしかない。

あるとしても1一に落ちている香車を手に入れても
足りなさそうですし、と金攻めは、手数がかかり過ぎる。

さあ、菅井王位の応手が楽しみですし、豊島棋聖の
指し回しも楽しみです。

お互いに細い攻めを重ねて相手玉をどうやって打ち取るのか?


第59期王位戦七番勝負 第6局封じ手
70手 4九飛まで
第59期王位戦-第6局封じ手開.jpg

後手2枚飛車。
先手2枚角と桂馬得、成桂が3三。
駒割で見れば先手の得。

と金攻めしか手がなさそうな後手ですが、
2筋、4筋しか歩が切れていない。
2筋からと金作って攻めていっても遠いような気が。

かといって先手も金銀4枚の堅陣とはいえ、
同じように2筋と4筋にしかと金は作れそうにありません。

どうやって攻めを作っていくのでしょうか、
どちらにしても細い攻めをつないでいくしかなさそうです。

トップ棋士の方のお手並み拝見させていただきます。

第59期王位戦七番勝負 第6局昼食休憩
35手 7七角まで
第59期王位戦-第6局1日目昼食.jpg

菅井王位3勝2敗で、タイトル防衛にあと1勝。
豊島棋聖は何とか本局を勝って最終局につなげたいところ。

将棋は相穴熊で、菅井王位が四間飛車から、
三間に振り直して進んでいます。

こうしてみると居飛車穴熊の方が、いろいろと手が広く
いろんなことができそうに見えるのに

振り飛車の穴熊は、駒組の発展性もないし、
細い攻めをつながないといけない。

プロ間で振り飛車の穴熊が減ったのがわかる気がします。
だから、振り飛車側は角交換で急戦調の将棋が多くなっていますね。

現局面ですが、プロ的にはまだまだこれからの将棋なんでしょう。

昼食の注文は菅井王位、豊島棋聖ともに陣屋特製豚漬け重。
第6局1日目昼食.jpg
菅井王位はオレンジジュース、豊島棋聖はグレープフルーツジュース


Copyrights(c) 2013 Japan Shogi Association,
ブログ記事より引用。


第59期王位戦七番勝負 第5局

第5局は8月29、30日(水、木) 渭水苑にて
徳島県徳島市沖浜東1-54

先手 菅井竜也王位 
後手 豊島将之棋聖

第59期王位戦七番勝負 第5局菅井の勝ち
133手 2六銀まで
第59期王位戦-第5局菅井の勝.jpg

果敢に攻めた豊島棋聖でしたが、最後は力尽きて投了です。

後手は飛車が働かなかったですね。最後の最後は飛車を転回しましたが
時すでに遅しで、敗色濃厚になってからでした。

封じ手の2五歩の時点で、豊島棋聖の作戦負けだったような気がします。
攻めてはいましたが、馬ができたくらいで思わしい攻めがありませんでした。

プロの将棋はやはりすごいですね。
戦いが始まる時点で流れが決まっていましたね。
見えない部分の、盤面に現れない部分で勝負が決まるのでしょう。

しかし、まだ豊島棋聖があと1勝すれば最終局までもつれ込む
チャンスがあります。できれば最後までみたいですね。

お二人ともお疲れさまでした。





第59期王位戦七番勝負 第4局

8月22、23日(水、木)

ホテル日航福岡
福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目18番25号

先手 豊島将之棋聖 
後手 菅井竜也王位

第59期王位戦七番勝負 第4局豊島棋聖の勝ち
119手 8四金まで
第59期王位戦-第4局豊島棋聖.jpg

豊島棋聖の勝ちです。AbemaTVで見ていましたが
他のプロの方の予想手をことごとく外していました。

今、豊島棋聖は将棋レイティングNo1ですから、
棋聖の指し方が正しいのでしょう。

これで2勝2敗。長く楽しめます。

お二人ともお疲れさまでした。

第5局は8月29、30日(水、木) 渭水苑にて
徳島県徳島市沖浜東1-54


第59期王位戦七番勝負 第3局

8月1、2日(水、木)

ホテルエミシア札幌
北海道札幌市厚別区厚別中央2条5丁目5-25

先手 菅井竜也王位 
後手 豊島将之棋聖

第59期王位戦七番勝負 第3局菅井王位の勝ち
157手 5六銀まで
第59期王位戦-第3局菅井王位.jpg
いやぁ、面白い将棋でしたね。

お互いに攻めたり、受けたり、将棋を十分堪能させていただきました。

ありがとうございました。

お二人ともお疲れさまでした。

Copyrights(c) 2013 Japan Shogi Association,
ブログ記事より引用。

第59期王位戦七番勝負 第2局

7月24、25日 (火、水)
中の坊瑞苑
兵庫県神戸市北区有馬町808にて。

先手 豊島将之棋聖 
後手 菅井竜也王位


第59期王位戦七番勝負 第2局豊島棋聖の勝ち
105手 7一銀まで
第59期王位戦-第2局豊島棋聖.jpg

鮮やかに決めました。豊島棋聖。
やはり穴熊は堅かったですね。

投了図以降は、同竜と銀を取れば8三香と打って、同玉なら
先手は竜をとれます。

とらずに8三玉と逃げれば、6二銀成りで金がタダでとれ、
しかも竜に当たります。もう指しようがないですね。

封じ手以降、菅井王位にはいい手が全然なかったようです。
ということは作戦負けだったようです。

プロレベルでは、もう封じ手以前に勝負はついていたのでしょうか?
やはりトップ棋士はすごいです。

しかしこれで1勝1敗。長く対局を見れますね。

お二人ともお疲れさまでした。


第59期王位戦七番勝負 第1局

7月4、5日(水、木)
ホテルフォレスタ
愛知県豊田市岩倉町一本松1番地1

先手 菅井竜也王位 
後手 豊島将之八段

第59期王位戦七番勝負 第1局 菅井王位の勝ち
133手 3二金まで
第59期王位戦-第1局菅井王位.jpg

面白い将棋でした。ずっと豊島八段が悪かったようですが
菅井王位に決め手を与えず、ここまでも持ちこたえました。

ただ一歩及ばなかったようです。

七番勝負は始まったばかり、豊島八段にも頑張ってほしいですね。

お二人ともお疲れ様でした。

第2局は7月24、25日 (火、水)
中の坊瑞苑
兵庫県神戸市北区有馬町808にて。

豊島八段のほかのタイトル戦との兼ね合いでしょうけど、
時間が空きますね。


第58期王位戦七番勝負第5局
第5局は8月29日(火)30日(水)
徳島県徳島市「渭水苑」


先手 羽生善治王位 
後手 菅井竜也七段

第5局 菅井七段の勝ち 王位奪取
108手 5七歩成まで
第58期王位戦 第5局 菅井七段 王位奪取.jpg

4勝1敗で、菅井七段が王位を奪取しました。

初挑戦でタイトル奪取。
おめでとうございます。

今まで若手の挑戦を退けてきました羽生さん、
今期は残念でした。今期不調だったようですね。

これで羽生さんはタイトルを一つ失冠して、
明日以降羽生二冠と呼ばれるのでしょう。

しかし羽生さんはこれまでもタイトルは奪取されても、
毎年、毎年不死鳥のように蘇ってきていますから。

たとえ二冠でも現時点では
棋界最強は間違いないと思います。

絶対王者であることは誰もが認めることですから。

また別の棋戦での戦いを期待します。

今期羽生さんが角交換の振り飛車に苦しめられたという事で、
今後角交換振り飛車の力戦系が脚光浴びるかもしれませんね。

お二人ともお疲れさまでした。


第57期王位戦七番勝負第7局 

9月26、27日(月、火)
先手 羽生善治王位 
後手 木村一基八段

対局場 元湯 陣屋
羽生王位の勝ち
羽生王位 93手 5六銀打まで
第57期王位戦 第7局  羽生王位の勝ち.jpg

5月の名人戦以来、絶不調のただなかから
棋聖戦、そして王位戦とタイトル防衛。

あと王座戦もあと1勝でタイトル防衛。
本来の羽生さんになっていると思います。


木村八段、今回は残念でしたが、捲土重来を期します。

お二人ともお疲れさまでした。


nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。