So-net無料ブログ作成

第66期王座戦五番勝負 第4局中村王座の勝ち [王座戦]

スポンサーリンク




第66期王座戦五番勝負第4局

10月16日(火) 温泉御宿 龍言
新潟県南魚沼市坂戸山際79

先手 中村太地王座
後手 斎藤慎太郎七段

第66期王座戦五番勝負 第4局中村王座の勝ち 
137手 9七玉まで
第66期王座戦-第4局中村王座.jpg

本当に将棋の醍醐味、面白さが出た将棋でした。
終盤の最後の最後までどうなるかわからない白熱した将棋でした。

中村王座乗りの声が多かったのですが、さすがは斎藤七段、
簡単には土俵を割らずに、中村王座を苦しめましたね。

これで中村王座が2連敗の後、2連勝してタイに持ち込みました。
第5局にもつれ込みました。

最終局楽しみです。

お二人ともお疲れさまでした。

第5局は、10月30日(火)
常磐ホテルにて
山梨県甲府市湯村2-5-21


第66期王座戦五番勝負 第4局夕食 
80手 7六歩まで
第66期王座戦-第4局夕食休憩.jpg

やはりプロですね。早く勝負がつくかと思いきや、
夕食の時間になってもまだ、まだのようです。

アマの場合、こんなに連続して悪くならない手を指すことはできませんね。
相手が迷うように、簡単に勝たせないように、相手が苦労するように手を渡すんでしょうね。

ここで持ち時間に差がつきました。
中村王座が2時間8分、斎藤七段は34分です。

ここまで苦労して考えた影響でしょうね。

夕食は
中村王座が生姜焼き定食、グレープフルーツジュース。
斎藤七段がおにぎりセット(梅、鮭、昆布)、ウーロン茶。
第4局夕食.jpg

copyright 日本経済新聞社&日本将棋連盟
ブログ記事より引用

第66期王座戦五番勝負 第4局昼食 
54手 6四金まで
第66期王座戦-第4局昼食休憩.jpg

プロ間で圧倒的に採用率の高い角換わり。
アマ的には難しい将棋ですけど・・・。

中村王座が第3局を勝って望みをつなぎましたが
カド番であることには変わりはありません。

今日ぜひとも勝って最終局につなげたいところ。

局面は、先手銀損ながら、後手の金銀を上ずらせ
と金を作っています。しかも後手玉の一間隣に。

どうしてこうなったのでしょうか?
第66期王座戦五番勝負 第4局午前途中図 
44手 6五歩まで
第66期王座戦-第4局朝途中図.jpg

理由は先手玉は金銀3枚で守って固いのに、
さらに9八香と上がり穴熊にもぐろうとしていました。

このまま放置すれば後手は、手も足も出なくなる。
仕方なく攻めかかったようです。

プロの方もここは攻めたくないね、と言っていた局面です。

後手の斎藤七段は完全に作戦負けだったようです。

現局面はアマ有段者の私でも先手がいいと思えますから
プロ同士であれば相当差が開いているかと思います。

斎藤七段、昼食の味がしないでしょう。
片や中村王座はおいしい昼食でしょう。

本局は早く終わるような気がします。

昼食は
中村王座が.和牛カレー、グレープフルーツジュース。
斎藤七段がもち豚味噌漬定食、ウーロン茶。
第4局昼食.jpg

copyright 日本経済新聞社&日本将棋連盟
ブログ記事より引用


第66期王座戦五番勝負第3局

10月2日(火) 
仙台ロイヤルパークホテル

先手 斎藤慎太郎七段
後手 中村太地王座

第66期王座戦五番勝負 第3局 中村王座の勝ち
108手 2三玉まで
第66期王座戦-第3局中村王座.jpg

いやぁ、面白い将棋でした。どちらが勝つかわからない熱戦でした。
AbemaTVで対局を見れるのはありがたいですね。

これで中村王座も一矢報いました。
斎藤七段の2勝1敗で次局も中村王座にとってカド番は変わりません。

お二人ともお疲れさまでした。


第66期王座戦五番勝負第2局

9月20日(木)
ウェスティン都ホテル京都にて
京都府京都市東山区粟田口華頂町1

先手 中村太地王座
後手 斎藤慎太郎七段

第66期王座戦五番勝負 第2局斎藤七段の勝ち
138手 7七桂成まで
第66期王座戦-第2局斎藤七段.jpg

後手玉は5ニ玉と6ニ金の守りで戦っていました。
先手玉のように入城したわけではないので。
一見不利そうですけど、プロ的にはそうではないのでしょう。

アマ有段者の目から見てどんな展開になるのか
予測がつきませんでした。当然と言えば当然ですが。

しかし、斎藤七段のしっかりした読みに裏付けられた
駒運びで勝利をものにしましたね。

今プロ棋士を凌ぐほどにまでなった将棋ソフト
上位の棋士の方は、研究のために使っているのでしょう。
チェスのプロ、グランドマスターもそうですから。

その研究手順をこういうタイトル戦や、ここ一番で
採用しているのでしょう。

菅井王位が、去年王位戦で、羽生元王位と対戦するときに
以前ならあり得なかった振り飛車から居飛車に直す戦形が出ました。
きっと研究手順とほぼ同じだったのでしょう。

PCに型を指定して、研究させていれば、プロの方は
それを実践で活かせるスキルがあるから。
我々アマには無理ですけど

棋士レイティングで5番目に位置する棋士の
斎藤さんは違いますね。

藤井聡太七段より1順位、上ですから。

対する中村王座は22番目。

点数的にはわずかな差ですが、プロの世界では
それが大きな差なんでしょうね。

これで斎藤七段2連勝、中村王座は、もうカド番です。
次回はなんとしてでも勝ちたいでしょうね。

中村王座の次回の健闘を期待します。

お二人ともお疲れさまでした。


第65期王座戦五番勝負第1局

9月4日(火) 元湯 陣屋
神奈川県秦野市鶴巻北2-8-24

先手 斎藤慎太郎七段
後手 中村太地王座

第66期王座戦五番勝負 第1局斎藤七段の勝ち
145手 8四金まで
第66期王座戦-第1局斎藤七段.jpg

AbemaTVで見ていましたが、終盤の入り口まで
斎藤七段の方が良かったのに、応手を間違えて
中村王座にチャンスが回ってきていました。

あのまま中村王座が勝っていたら、斎藤七段はしばらく
眠れない夜が続いたかもしれません。

幸いなことに、中村王座も時間が無くなって秒読みで
決めきれなかったようです。

斎藤七段にとっては幸先のいいスタートでした。

お二人ともお疲れさまでした。

第2局は9月20日(木) ウェスティン都ホテル京都にて
京都府京都市東山区粟田口華頂町1


第65期王座戦五番勝負 第4局

10月11日(水)
横浜ロイヤルパークホテル
神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1-3

先手 羽生善治王座
後手 中村太地六段

第65期王座戦五番勝負 第4局 中村六段 タイトル奪取
80手 3六角まで
第65期王座戦-第4局中村六段.jpg

中村六段、タイトル奪取。
二度目の王座戦挑戦でついに羽生王座からタイトルを奪取しました。

羽生さんは13年ぶりの一冠になりました。
なんか寂しく見えます。

しかし、タイトルを一度も取ったことがない棋士がたくさんいるのですから
そう思うは、他の棋士の方に失礼かも・・・

王位に続いて王座も失った羽生さん。

ついに羽生さんにも年齢的なものが現れてきたのでしょうか?

さあ、竜王戦で、その答えが出そうな気がします。
竜王奪取であれば、羽生さんはまだまだ健在。

竜王奪取のために、力を温存していたと思いたいですね。

渡辺竜王との対戦成績は、5~6年前だと、
圧倒的に渡辺竜王がリードしていました。

しかし、現在、対戦成績は五分五分になっているんです。
普通あり得ないですね。

自分より年下の棋士に、大差をつけられたままで終わるのが常識でした。

大山名人、中原名人、谷川名人
皆さん年下の有望若手が出てきてからは負け越していますから。

しかし羽生さんは例外でした。
さあ、竜王戦楽しみです。

お二人ともお疲れさまでした。

中村六段タイトル奪取おめでとうございます。


第65期王座戦五番勝負 第3局

10月4日(火)

対局場:京都市「ウェスティン都ホテル京都」 

羽生善治王座 対 糸谷哲郎八段

羽生王座の勝ち
第64期王座戦 第3局 羽生王座タイトル防衛.jpg

終わってみれば、羽生王座が3連勝でタイトル防衛。

あの強い羽生さんが帰ってきました。

糸谷八段には残念なタイトル戦でしたが、
またの機会にリベンジを。

お二人ともお疲れさまでした。


スポンサーリンク




nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。